資産防衛

為替・ドル円・ドルについて直感的に理解する方法

投稿日:

為替相場の話はよくニュースになります。特に米ドルがよく取り上げられます。
「ドルが上がった」だの「円高が進んだ」だの流れますね。

しかし、為替について正確に理解している人はあまりいません。

今回は、このあたりについて解説してみます。

(※検索エンジンから本記事に来た方は、トップページの「当サイト全体の目次」や「はじめて来た方へ~当サイトについて」、ひとつ前の記事「FX:資産がまだあまりない人向けの資産防衛法」などもあわせてご覧いただいたほうが、スムーズに理解できると思います。)

ドルではなく「ドル円」と呼ぼう

まず、FXで米ドルと日本円の関係を考えるときは、「ドル」と呼ぶのをやめ、「ドル円」と呼びましょう。

1ドル100円だとしたら、それは「ドル円が100円」だということを意味します。「ドルが100円だ」とは言わないよう気をつけてください。

つづいて、「ドル円」をアルファベット表記するとUSDJPYとなります。

USDはUnited States Dollar(アメリカドル)の略、JPYはJapanese Yen(日本円)の略です。それを並べると「ドル円」と呼ぶということです。

ですので、「1ドル100円」とニュースで見るときは、「ドル円、つまりUSDJPYは100円だ」と認識してください。

ドル円の大事なルール

さて、ここからが本題です。
このドル円(USDJPY)には、次のようなルールがあります。

 

ドル円(USDJPY)について考えるときは、必ずドル(USD)と円(JPY)を分けて考えます

つまり「ドル円(USDJPY)は、ドル(USD)と円(JPY)、どちらの要因で動いているんだろう?」と考えるのです。

その上で、次のようなルールがあります。

(1)USDが買われて上がり、JPYが変わらなかったら、USDJPYは上がる

(2)USDが売られて下がり、JPYが変わらなかったら、USDJPYも下がる

(3)USDが変わらず、JPYが買われて上がったら、USDJPYは下がる

(4)USDが変わらず、JPYが売られて下がったら、USDJPYは上がる
(※わかりやすく説明するため、あえて単純化しています。為替に詳しい人は、「片方の通貨を固定していいのか?両方動く場合もあるだろう?」と思うでしょうが、あえて「変わらず」としているので念のため。。。)

これは、「USDJPYは、USDが正比例、JPYが反比例する」とイメージするとわかりやすいでしょう。
つまり、こういうことです。

・USDが上がるとUSDJPYも上がるし、USDが下がるとUSDJPYも下がる。つまりUSDとUSDJPYの間には正比例(正確に書くと正の相関)の関係がある。

・JPYが上がるとUSDJPYは下がるし、JPYが下がるとUSDJPYは上がる。つまりJPYとUSDJPYの間には反比例(正確に言うと負の相関)の関係がある。

ちなみに
・ドル(USD)が買われること=ドル買い=ドル高
・ドル(USD)が売られること=ドル売り=ドル安
・円(JPY)が買われること=円買い=円高
・円(JPY)が売られること=円売り=円安
となります。

これらのルールは、暗記してしまっても良いです。

ドル円のルールについて、もう少し具体的に説明します

ただ、いきなりこんなことを言われても、ピンとこないでしょう。
具体的に説明します。

たとえばもし、ドル円(USDJPY)が120円から100円になったとしましょう。

このとき、ドル円は120円から100円に下がっています。
ドル円が下がっているのは、上記の(1)~(4)だと、(2)と(3)です。

ですので、120円から100円に下がった理由は、
(2)の「ドル(USD)が売られて下がったから」というものか、
(3)の「円(JPY)が買われて上がったから」というものか
のどちらかになります。

USDJPYとUSDは正比例、USDJPYとJPYは反比例するので、USDJPYが下がったときはUSDが売られ下がったか、JPYが買われ上がったかのどちらかなのです。

よく、ドル円が120円から100円になったとき、ニュースではよく「円高でドル円が下がった」と表現する人がいますが、この説明は間違っていることがあります。

なぜなら、120円から100円になった理由は、ドル(USD)が売られてドル安になったからかもしれないし、円(JPY)が買われて円高になったからかもしれないからです。

円高ではなく、ドル安が原因となって、120円から100円になったかもしれないのです。

 

さて、鋭い人はもしかしたらこう考えるかもしれません。
「もしUSDが買われ上がりドル高になり、JPYも買われ上がり円高になった場合、ドル円(USDJPY)はどうなる?
USDとUSDJPYは正比例なので、USDが上がったらドル円(USDJPY)も上がる。
一方、JPYとUSDJPYは反比例なので、JPYが買われ円高になったらドル円(USDJPY)が下がる。
USDもJPYも両方上がってるなら、USDJPYはどうなっちまうんだ?」

非常に良い質問です。

正解は、「より大きく買われたほうにひきずられる」です。

つまり、USDがむちゃくちゃ買われて上がり、JPYがちょっと買われたくらいなら、USDJPYはUSD要因にひきずられて上がるのです。

なお、当サイトはFXのサイトではないので詳しくは書きませんが、FXについてよくわからない箇所がある場合、書店で自分にあった入門書を探して買ってみるといいと思います。

初心者の方には、羊飼いさんの『超ど素人が極めるFX』あたりがいいかもしれません。
中上級者には全く不要ですが、FXのことを何も知らない人にはちょうどいいと思います。

 

FXは財政破綻対策以外ではあまりやらないほうがいい

ちなみに、私は、財政破綻対策以外のFXトレードを普通の人がすることは勧めていません。
というかやらないほうがいいです。

それでももし仮に、「FXをどうしてもやりたい」という初心者の方がいた場合、まず10万円だけ入金して半年くらいやってみてください。

このやり方だと、自分にFXの適性があるかどうかを少額のうちに判断することができます。

なぜなら、10万円入れて半年やって増えない場合、あなたはFXの才能がない可能性が高いからです。

少額で増えないような人が、大金入れて増えるわけがありません。

また、短期的に勝っても半年もやれば運の要素がなくなり、実力どおりになります

もし仮にこれからFXをやりたいという初心者の方がいたら、自分にFXの適性があるか見極めるためにも、半年間は10万円だけでやってみてください。

これによって、たとえば退職金を注ぎ込んでフルレバレッジかけてふっとばすような悲劇を防ぐことができます

次の記事は「財政破綻の兆候が出たらLINEなどで通知します」になります。ご覧いただけましたら嬉しいです。

-資産防衛

Copyright© 日本の財政破綻への備えを考察するサイト , 2017 AllRights Reserved.