資産防衛

外貨預金:財政破綻対策の選択肢(1)

更新日:

ここからは、いよいよ財政破綻対策として考えられる方法をいくつか紹介し、それぞれについてメリットやデメリットなどを考察していきます。

なお、一部例外はあるものの、あくまで財政破綻から資産を守る保守的な方法が中心となっています。

(※検索エンジンから本記事に来た方は、トップページの「当サイト全体の目次」や「はじめて来た方へ~当サイトについて」、ひとつ前の記事「財政破綻に備える上で、前提となる考え方」などもあわせてご覧いただいたほうが、スムーズに理解できると思います。)

外貨預金

財政破綻対策というと、真っ先に外貨預金を思い浮かべる方は多いでしょう。
すでに国内の金融機関で外貨預金を持っている読者の方もいるはずです。

ただ、外貨預金には、デメリットがあります。

両替手数料が高い

1点目は、両替手数料が高い点です。銀行で円から外貨に変える際、一般的にかなりの手数料を取られます。これが1つめのデメリットです。

税制面での条件が悪い

2点目は、外貨預金は税制面で非常に条件が悪いという点です。

たとえば外貨預金で、去年は為替変動で損失が出て、今年は為替変動で利益が出たとき、去年の損失と今年の利益を相殺したいのが人情ですよね。

でも、これはできません。
外貨預金は損失の繰越ができないのです。
去年損して税金がかからなくても、今年分の利益に対しては税金が課せられます。

また、外貨預金していて発生する利息と、為替変動で損した分(為替差損)を、損益通算することもできません。
利息分にはきっちり税金が課せられます。

国内銀で外貨預金した場合、国家破綻時に本当に資産が守られるか微妙

3点目は、国内の金融機関で外貨預金をした場合、本当に資産が守られるか不安である点です。
日本の銀行だと、いざというときに日本政府が預金封鎖など超法規的な差し押さえを行う可能性があります。
(このリスクは、外国の銀行に預金することである程度避けることができます。)

 

上記のようなデメリットがあるため、私は、平時から外貨預金を持っておく必要はないと考えています。
仮に外貨預金するとしても、財政破綻がいよいよおきそうだというときに動けばOKです。

外貨預金について、平時にできることがあるとしたら、金融機関に口座を開いておくことです。
そうすれば、いざ財政破綻が起きそうだというときに、より機動的に対応できます。

これについては、ユニオンバンクというアメリカの銀行がおすすめです。
ちなみに、ユニオンバンクは、三菱東京UFJ銀行のアメリカにある子会社です。
三菱東京UFJ銀行に口座を作った上で、このユニオンバンクに口座を作り、財政破綻の兆候がでたときにここにお金を送るというのが具体的な手法です。
(なお、ユニオンバンクへの口座開設方法については、こちらの「外貨預金:ユニオンバンクの口座開設方法」という記事に書きました。)

次の記事は「金(ゴールド):財政破綻対策の選択肢(2)」になります。ご覧いただけましたら嬉しいです。

 

-資産防衛

Copyright© 日本の財政破綻への備えを考察するサイト , 2017 AllRights Reserved.