資産防衛

ビットコインの購入方法

投稿日:

(※検索エンジンから本記事に来た方は、「ビットコイン:財政破綻対策の選択肢(4)」や、トップページの「当サイト全体の目次」、「はじめて来た方へ~当サイトについて」、ひとつ前の記事「金(ゴールド)の購入方法」などもあわせてご覧いただいたほうが、スムーズに理解できると思います。)

ここまで書いてきたユニオンバンクを使った外貨預金や、ゴールドへの投資と同様、ビットコインについても、とりあえず口座を開いておき、財政破綻の兆候が起きてからビットコインを購入することをおすすめします。

ただ、「ビットコイン:財政破綻対策の選択肢(4)」でも書いたとおり、ビットコインは価格の先読みが難しかったり、セキュリティ面のリスクがあるなどの難点があります。

ですので、大金を入れるのはおすすめしません。

現時点では、あくまで口座を開き、入金するにしても少額のお金にとどめておくことをおすすめします。

こうすることで、ビットコインへの理解がより深まるでしょうし、いざというときにすぐにビットコインを活用しやすくなります。

ビットコインの購入方法

では、ビットコインの購入方法を紹介します。

いくつかの会社が、日本人向けにビットコインの販売を行っています。
国内にはcoincheckやbitflyerなど、大手企業がいくつかあります。

とりあえず、大手のcoincheckに口座を作ってみて、どんなものか試してみるのがいいと思います。

こちらのcoincheckのサイトから、口座を開いてみてください。

画面に表示される通りにやると、新規口座開設の手続きができると思います。

口座を開設し、本人確認などの手続きを行ったあと、銀行振込などでお金を振り込むと、ビットコインを購入することができます。

ビットコインの購入金額は、基本的に自由に決めることができます。
ただし、先ほど書いたとおり、ビットコインにはリスクがあるため、当面の間は入金額は少額にとどめておいたほうがいいでしょう。

ビットコイン:財政破綻対策の選択肢(4)」でも書いたとおり、財政破綻時にはビットコインが活用されることが増えていくでしょう。

いまのうちから口座を開いておき、場合によっては多少入金してビットコインを買ってみることで、ビットコインがどのようなものなのか、感覚をつかめるはずです。

とりあえず口座を作って試してみるだけでも、意義はあると思います。

その上で、財政破綻の兆候が出たときにお金を入金し、ビットコインを買い、財政破綻への対策とするのがおすすめです。

(なお、財政破綻の兆候が出たときには、LINEやメールなどで無料でご連絡します。
詳しくは「財政破綻の兆候が出たらLINEなどで通知します」という記事をご覧ください。)

 

ビットコイン以外のオルトコインは現時点では不要

なお、ビットコイン以外の暗号通貨(総称してオルトコインと呼びます)の名前もときどき聞きます。
将来性など面白そうな通貨もあるものの、財政破綻対策としては、これらはおすすめできません。

なぜなら、ビットコインをはるかに上回るリスクがあるからです。

価格変動リスクや流動性リスクが高いこと、内容を理解することがとても難しいことなどが理由です。

専門的になってしまうので詳しくは書きませんが、2017年の現時点では、オルトコインは投機による値上がり益狙い以外の用途はないように見えます。

少なくとも資産防衛の観点からは、ビットコイン以外の暗号通貨(オルトコイン)を使う必要はありません。

また、ビットコインを匿名で購入したいとよからぬことを考える方もいるかもしれませんが、日本国内で匿名で購入する方法はおそらくありません。
ビットコインは便利な反面、犯罪やマネーロンダリングに悪用できる可能性があります。
ですので、購入する際には基本的には本人確認が必要になります。

次の記事は「FX:資産がまだあまりない人向けの資産防衛法」になります。ご覧いただけましたら嬉しいです。

-資産防衛

Copyright© 日本の財政破綻への備えを考察するサイト , 2017 AllRights Reserved.