日本の財政問題を考察するサイト

財政や社会保障、資産防衛、投資の話など

資産防衛

FX:資産がまだあまりない人向けの資産防衛法

更新日:

(※検索エンジンから本記事に来た方は、「FX:財政破綻対策の選択肢(3)」や、「はじめて来た方へ~当サイトについて」、ひとつ前の記事「ビットコインの購入方法」などもあわせてご覧いただいたほうが、スムーズに理解できると思います。)

資産がまだあまりない方、特に若い方が財政破綻対策をする場合、FXがおすすめです。

FXを使ってどう財政破綻対策をするか

FX:財政破綻対策の選択肢(3)でも書いた通り、FXも財政破綻対策の役に立ちます。

具体的には、財政破綻の兆候が見えたときに、FXを使ってそのときに安全な外貨を買う(=ロングする)という手法になります。

FXをやる場合も、GMOクリック証券など、国内の大手オンライン証券のFXサービスを使う人が多いです。

とりあえずは、GMOクリック証券に口座を開いておいてください。ここは国内最大手です。

そうすると、上のほうにあるメニューにFXという箇所があります。ここを押すと、FXをすることができます。

口座を開いた上で、多少入金しておき、財政破綻の兆候があったとき外貨を買うというのが、FXを用いた基本的な財政破綻対策になります。

(なお、財政破綻の兆候が出たときには、LINEやメールなどで無料でご連絡します。
詳しくは「財政破綻の兆候が出たらLINEなどで通知します」という記事をご覧ください。)

海外のFX会社は初心者は使わないほうがいい

なお、ときどき海外のFX会社をすすめる人がいますが、海外のFX業者は使わないほうがいいです。
結論から言うと、ほとんどの方は、現時点では使う必要はありません。

インターネットサイトではよく、海外のFX会社をおすすめするところがあります。
たしかに、今後もし国内のFX業者が役に立たなくなった場合、海外のFX業者を使わざるをえないようになる可能性はゼロではありません。

ただ、細かくは書きませんが、海外のFX業者は危ない会社がたくさんあります。

ひどい業者になると、入金したお金を再度出金しようとしても、出金を拒否されたりします。

もちろん良い業者もありますが、善し悪しを見分けるのは初心者の方には困難です。

当面は、GMOクリック証券のような、日本国内のFX業者だけで良いでしょう。
レバレッジも25倍と、海外のFX会社に比べたら初心者の方が使う際はずっと安全です。
出金拒否のような意味不明なことも、日本の業者ならありません。
海外FX業者を使って良いのは、FXの知識が豊富な人だけです。ほとんどの人は近寄らないほうがいいでしょう。

使ってはいけない国内のFX会社

なお、国内FXについてですが、R証券だけは使うのはやめましょう。

どことは書きませんが、有名な国内大手の会社です。(「FX会社 一覧」とかで調べて出てくる会社のうち、名前が有名なところで最初にRで始まるところです。)

ここは他社と異なる異常なスプレッドを提示したりと、めちゃくちゃなことをやってきた会社です。
知名度にだまされてはいけません。

R証券は、株式投資関係のシステムはそんなに悪くないのですが、FXについては全くおすすめできません。
使っている人がいたら今すぐ使うのをやめたほうがいいと思います。

FXや為替は奥が深く、難しいです。

特に、よく混乱しがちな円高や円安などの箇所を、「為替・ドル円・ドルについて直感的に理解する方法」という記事で、もう少し書いてみます。

ご覧いただけましたら嬉しいです。

-資産防衛

Copyright© 日本の財政問題を考察するサイト , 2017 AllRights Reserved.