よさそうな投資話はほぼ詐欺なんで気をつけてください

こんにちは。

今日は、「家族や友人が、明らかな投資詐欺にひっかかってる。けど、本人はなかなか気づいてくれない・・・」

ってときに役立つ記事を書いてみようと思います。

その人にこの記事を見せてあげれば、目を覚まさせるために、役立つと思います。

 

99%の投資案件はインチキ

結論からいうと、よさそうな投資案件の99%はインチキです。

向こうから来る話は、もう9割9分詐欺です。

本当に良い投資案件て来ないんですよ、普通。

そんな話、ごく限られた界隈にしか存在しません。

例えば機関投資家や、一部の腕のいい個人投資家、あとベンチャーキャピタルとか、そういう界隈に出回ってるだけです。

普通の人のところには、本当に良い投資案件は基本的に来ません

だから、来た時点で疑ってください。

 

本当に良い案件なら、大手投資家が殺到してるはず

そもそも、本当に良い案件だったら銀行とか投資家が殺到してるはずなんですよ。

「なんで素人の自分の所に、この案件が来るのか?」と疑ってほしいんです。

で、来る理由はというと、どうしようもないクソ案件だからなんです。

まともな投資家が相手にしないクソ案件だから、投資に詳しくない素人のところにくるわけです。

 

そんな感じで、おいしそうな話がきたら、とにかく疑ってかかってください

 

「良い人そうだから正しいと思った」てときは本当に注意!

あと、よく聞くのが、良い人そうだから正しいと思ったみたいな話です。

「紹介してきた人がいい人そうだったから、詐欺じゃないと思った」って意見をよく聞くんですよ。

 

でも、これ、一切関係ないです。

良い人そうだとか一切関係ないですよ。

 

なぜなら、一番こういう詐欺投資案件にハマるのって、疑うことを知らない善人だからです。

金融の素人で、あまり理屈で考えるのが苦手で、疑うことをしらない、本当に良い人が、一番こういう詐欺案件にハマります

 

なので、紹介してくる人は、本心から「これは良い」と思ってオススメしてくることになります。

実際は、紹介してくる人自身も騙されて引っかかってるのですが、本人の中では本心から信じているわけです。

 

だから、説得力が一応あるんですよ。

誘ってくる側が本心から信じてるんで、聞いてると一瞬だけ本当にうまくいくような気もしてくる。

 

少し理屈で考えると「そんなんうまくいくわけないじゃん」とわかるのですが・・・

投資知識がなかったり、そもそも理屈で考えるのが苦手な人には、判断するのは難しいと思います。

 

良い人だけど、しょうもない商品を売るってのはよく起きるのです。

騙された詐欺話を売る、紹介してくるってことが、よく起こります。

両者は両立するんですよね。

 

だから良い人だから絶対ウソつかないだろうっていうその考えは捨てて下さい。

 

芸能人にも注意

あと、「芸能人が勧めるから大丈夫!」って考えもやめてくださいね。

芸能人がはめ込むと紹介料が芸能人とかに入るので、それを目当てにやる人もいるので。

有名YoutuberのラファエルやGacktが、詐欺投資や詐欺仮想通貨の案件を紹介してたのは、好例ですね。

 

 

向こうから来る投資話は全てインチキで儲からないと思っておけばOK

だから予防のためには、向こうから来る投資話は全てインチキで儲からないと思っておけばOKです。

 

そもそも、本当に儲かるなら自分で借金したり、ベンチャーキャピタルとか大手機関投資家が投資するわけです。

詳しくない個人のところに「金出してくれ」と言ってくる時点でおかしいわけです。

 

これを見てる人が機関投資家とかプロの場合だったり、特別な場合は別ですが、基本的に自分のところにくる投資案件は詐欺話だと思って疑ってかかってください。

一見おいしそうな投資話を持ってきた人には、
「そんなにおいしい話なら、お前自身が銀行から借金したりベンチャーキャピタルから資金調達してやればいいじゃん?金利安いし投資資金余ってるし。なんでやらんの?うまくいく確率がクソ低いからだろ?」
って聞いてみてほしいです。

 

ほかにも、投資関係の記事をいろいろ書いています。

記事はこちらの投資カテゴリから読めます。

お役に立てると思いますので、気になるタイトルがあったら、ぜひ読んでみてください。

投資