カンや占いに頼って投資したらダメですよという話

こんにちは。

今日は、投資では勉強と科学的思考、合理性が大事であること、カンや占いに頼ったらダメだということを、述べていこうと思います。

 

カンや占いに頼ってはいけない

「そんなん当たり前だろ!」と思う方が多いでしょうが、カンや占い、霊視で投資してる人って実はけっこういるんですよね。

 

まず、正直、そんなんで勝てたら誰も苦労しないです。

あり得ません。

 

また、占いとか霊視とかに依存するタイプの人って、私も何回かあったことありますが、だいたい共通しているのが自分で判断するのが苦手だという点です。

で、誰かに判断を任せたいという所がある人が多いです。

そういう人が投資の世界に来ると、格好のカモになります。

自分でちゃんと考えて勉強して調べないでやるのって、目をつぶって歩いてるのと同じなんですよね。

 

こういう人は投資の世界で本当にすぐ消えていきます。

 

占いじゃなくて、合理性に基づいた確率と期待値の戦いが重要

占いじゃなくて、合理性に基づいた確率と期待値の戦いが重要なんです。

勉強と科学的思考が大事。

 

どんな株でも永遠に上がり続ける株はないです。

で、最後は誰かに高値で売りつける必要があります。

で、それは誰なのかと。

 

投資って最初安いときに賢い人が買い集めて、高いとこでその人達が誰かに売りつけるわけですよね。

で、もう大体の銘柄でそういうことが起きてると思うんですけど、最後誰かに高値で売りつける、いわばカモにあたる人が出てきます。

私は、こういう占いとか霊視とかに頼る層の人は、カモになりやすいと思います。

 

(なお、占いを別に全否定しているわけではありません。占いをやるとしても、自分でしっかりその投資対象について調べ勉強した上で、ゲン担ぎとか参考程度にやるのは全然いいと思います。)

 

重要なのは合理性

私は以前、占いに頼って投資している人にやんわりと注意したことありますが、逆ギレされました。

基本的には、自分と異なる意見を聞くのってすごく大事です。

例えば、買いポジション持ってるときは、意識して売り煽りの言うことに耳を傾ける必要があります。

そして、売り煽りの発言の中に合理性があるかどうかってのを、1つ1つ検証すると。

そうすると、その銘柄への理解がより深まります。

たまに売り煽りの意見の方が正しいこともありますし。

逆に「売り煽りは何でこんなこと言ってんだ」みたいなときもあって。

自分の買っているものに対する理解を深めることに繋がるんですね。

 

だから、異なる意見を聞くのってすごく大事だと思います。

 

以上になります。

神頼みとか占いって、投資では絶対やっちゃダメなんですよね。

占いとか霊視とか山勘に頼ってはだめで、異なる立場の意見を聞くこと、考えることが大事であること、合理性に基づいた確率と期待値の戦いに持ち込むべきであること、勉強と科学的思考が大事であることなどを伝えられたら嬉しいです。

 

 

ほかにも、投資関係の記事をいろいろ書いています。

記事はこちらの投資カテゴリから読めます。

お役に立てると思いますので、気になるタイトルがあったら、ぜひ読んでみてください。

投資